ここから本文です

グアルディオラはイブラの主張を否定「いつも向き合っていた」

GOAL 9月10日(土)13時59分配信

過去の因縁はまだまだ終わらなさそうだ。

今季からマンチェスター・シティで指揮を執るペップ・グアルディオラと、マンチェスター・ユナイテッドでプレーするズラタン・イブラヒモビッチ。

2009-10シーズンのバルセロナでは師弟関係にあった両者だが、当時から確執が噂されていた両者の関係は、わずか一年でイブラヒモビッチがバルセロナから去ることになり一旦終わった。

だが、その後もイブラヒモビッチは自伝のなかでペップが「裏切った」と主張し、直近でもイブラヒモビッチの代理人がペップを"口撃"するなど両者の関係性は依然、緊張関係にある。

今週末に迎えるマンチェスター・ダービーで両者は対戦することになるが、イブラヒモビッチの主張について記者から聞かれたペップは「ズラタンは自分がそう思っていることを自伝で説明したのだろう」と否定した。

「だが、私はいつでも顔を突き合わせて話していた。いつもだ。メディアを通じてズラタンにどうプレーして欲しいかなどと言ったことは、一度も無い」

「世間では色々言われているが、彼とは直接話していたことに一点の曇りもない」

指揮するシティが好調な滑り出しを見せているペップと、ユナイテッドの新たな得点源として活躍するイブラヒモビッチ。ピッチ外での鬱憤を晴らすのは、一体どちらだろうか。

GOAL

最終更新:9月10日(土)13時59分

GOAL

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]