ここから本文です

プラレール新作「スマホで運転!ダブルカメラドクターイエロー」発売決定―運転手視点と車両視点で操作可能!

インサイド 9月10日(土)11時30分配信

Youtube動画URL:https://youtu.be/wADoSRfS4gs

タカラトミーは、「プラレール」シリーズの新商品として、「スマホで運転!ダブルカメラドクターイエロー」を2016年10月13日(木)より発売します。

本製品は、黄色い新幹線「ドクターイエロー」のプラレールに、2台のカメラを搭載したものです。スマートフォン向けの対応アプリを使用すれば、運転席と車窓からの視点が楽しめるカメラ映像とともに、プラレールを操作する事が可能です。さらに録画機能が搭載されており、カメラの映像をSNSに投稿できるとのこと。また、車掌気分でプラレールを運転できる別売りの玩具「ぼくが運転!マスコン北海道新幹線はやぶさ」と連動する予定です。

同社によると、本製品は、「プラレール運転席からの映像を見ながら運転する」というユーザーの夢を叶えるべく試行錯誤しながら開発を進め、小型カメラ・Wifi技術の発達と、長年培ってきたタカラトミーの玩具設計ノウハウの結集によってついに実現したものなのだとか。また、2台のカメラが搭載された商品の発売は、57年にも及ぶプラレールの歴史の中でもはじめて事になります。

「スマホで運転!ダブルカメラドクターイエロー」の希望小売価格は、12,000円+税。なお、同製品対応のiOS/Androidアプリは、無料でダウンロード出来る予定です。製品情報の詳細は、こちらのページ(http://www.takaratomy.co.jp/product_release/pdf/p160906.pdf)を参考にしてください。

最終更新:9月10日(土)11時30分

インサイド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。