ここから本文です

<川口春奈>エキゾチックなドレス姿で華やかに 主演映画の初日舞台あいさつ

毎日キレイ 9/10(土) 11:42配信

 女優の川口春奈さんが10日、東京都内で行われた主演映画「にがくてあまい」(草野翔吾監督)の初日舞台あいさつに登場。光沢のある黒地に金色や緑色、ラメなどを使ったエキゾチックなドレス姿に、インパクトのある大ぶりのイヤリングという、初日にふさわしい華やかな装いだった。しかし共演者の林遣都さんから「クレオパトラみたいで話しづらい」とツッコまれ、川口さんがほかの共演者に「(ドレスは)可愛い……。可愛いですよね?」と同意を求め、「褒め言葉なのかな……」と困惑する場面もあった。

【写真特集】川口春奈のドレスがインパクト大! 「クレオパトラのよう」?

 川口さんは、冒頭で「こんなにたくさん映画が上映されている中で、選んでいただいてありがとうございます。いよいよ初日を迎えられてとてもうれしいです」と感謝を込めてあいさつ。作品タイトルにちなんで、嫌いだったけど好きになったものを明かす“にがあま”エピソードを聞かれると、生のカキにあたって食べられなくなっていたが、おいしいカキの天ぷらを食べて克服したというエピソードを披露し、「それ以来、生カキを食べてます。意外と自分が思っているより、事は深刻じゃないなと思いました」と笑いながら語った。

 舞台あいさつには、川口さん、林さん、淵上泰史さん、桜田ひよりさん、中野英雄さん、石野真子さん、草野監督が登壇した。

 「にがくてあまい」は、2009年からオンラインマガジン「EDEN」(マッグガーデン)で配信され、5月にコミックス最終巻が発売された小林ユミヲさんの同名マンガが原作。容姿端麗で野菜嫌いの女と、女に興味がない男の同居生活と恋愛模様をコミカルに描いている。

最終更新:9/10(土) 22:53

毎日キレイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]