ここから本文です

再送-ドル一時103円乗せ、FRB高官発言で早期の米利上げ観測高まる

ロイター 9月10日(土)2時37分配信

[ニューヨーク 9日 ロイター] - 9日午前中盤の米ニューヨーク外為市場では、米連邦準備理事会(FRB)高官の発言を受けて早期の米利上げ観測が高まり、ドルが上昇した。

ボストン地区連銀のローゼングレン総裁は同日の講演で、米経済が完全雇用の状況にある中で、緩やかな利上げが適切としたほか、低金利は景気過熱のリスクを増大させるとの認識を示した。

ドル/円<JPY=>は0.2%高。総裁の発言を受けて、一時は103.05円まで上昇した。

またこれに先立つ8日遅くには、ブレイナードFRB理事が来週12日に講演を行うと伝わった。ブレイナード理事はFRB内でも最もハト派とされ、アナリストの間では、同氏が講演でFRBが利上げに近づいているとのメッセージを発するとの見方が浮上。米連邦公開市場委員会(FOMC)内で利上げへのコンセンサスが形成された可能性を示唆していると受け止められているもようだ。

ローゼングレン、ブレイナード両氏はFOMCで投票権を持つ。

最終更新:9月10日(土)2時37分

ロイター