ここから本文です

1万円以下で選ぶ! iPhone 7で使いたいBluetoothヘッドフォン3選

アスキー 9月10日(土)12時0分配信

iPhone 7と組み合わせて使いたいヘッドフォンを価格重視で3製品ピックアップ。

1万円以下で選ぶ! iPhone 7で使いたいヘッドフォン
 次期iPhoneの「iPhone 7」は発表前のウワサ通り3.5mmミニジャックを搭載せず、ワイヤレスか、Lightning経由でのオーディオ出力で音楽を再生する仕様となりました。
 
 そうなると、迷うのがヘッドフォン選び。Lightningを3.5mmミニジャックに変換するアダプターも同梱されるそうですが、せっかくなら、これを機にワイヤレスヘッドフォンの導入を検討してみてはいかがでしょう。本稿では、1万円以下で購入できるBluetoothヘッドフォン/イヤフォンを3製品ピックアップしました。ヘッドフォン選びの参考にしていただければ幸いです。
 
パイオニア「SE-MJ561BT」
 40mmのドライバーを採用。ボディーの一部にアルミを採用するなど、価格を抑えつつも質感にこだわった造りが特徴。パイオニアらしい堅実な音作りで、1万円以下のBluetoothヘッドフォンとしては定番のモデルとなっている。実売価格6000円前後。
 
 
Jabra「MOVE Wireless」
 シンプルなデザインと、軽量設計が魅力。赤、青、黒、ゴールドのポップなカラーリングで、選ぶ楽しさも。業務用ヘッドセットなどで定評のあるJabra製で、音質面はオーディオメーカー製品に比べると一歩譲るが、決して音質が悪いということはなく、1万円以下のBluetootヘッドフォンの中では隠れた人気機種となっている。実売価格7000円前後。
 
 
ソニー「MDR-EX31BN」
 カナル型のダイナミックイヤフォンとリモコンマイク付きのBluetoothレシーバーがセットになった商品。イヤフォンはさすがのソニー製で、堅実な音作り。イヤフォンをそのまま使用するのもいいが、レシーバーに好みのヘッドフォンやイヤフォンを接続して利用する手も。また、付属イヤフォンを利用する場合はデジタルノイズキャンセリングを利用できる。8000円前後。
 
 
 
文● 貝塚/ASCII

最終更新:9月28日(水)18時45分

アスキー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]