ここから本文です

本堂前の踊り復活 17、18日 城端むぎや祭

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ 9月10日(土)8時45分配信

 17、18の両日、南砺市城端地域中心部で開かれる城端むぎや祭のPRキャラバンは9日、北日本新聞社を訪れ、唄と踊りを披露し魅力を伝えた。 【webunに動画】

 城端別院善徳寺で行うむぎや踊り競演会は、過去3年は「平成の大修理」のため山門前で行っていたが、ことしは修復がほぼ終了したことから本堂前に戻し、17日午後3時と18日午後2時半から行う。17日は五箇山塩硝(えんしょう)鉄砲隊の火縄銃演武や創作演舞「じゃんとこいむぎや」、18日はむぎや踊り講習会や総踊りもある。

 岩田忠正城端むぎや祭協賛会長、樋口実南砺市城端行政センター長ら6人が来社。岩田会長は「4年ぶりに舞台が本堂に戻り、みな張り切って準備している。伝統の踊りをぜひ見てもらいたい」と話した。

最終更新:9月10日(土)8時45分

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ