ここから本文です

伊東お菓子ぃ共和国 三島に“臨時国家”

伊豆新聞 9月10日(土)13時38分配信

 伊東市内の製菓業者や菓子店でつくる「伊東お菓子ぃ共和国」(青木喜世司大統領)がこのほど、三島市内に「臨時国家」を建国した。伊東市外への本格的な勢力拡大は今回が初めて。三島市中田町のイトーヨーカドー三島店・1階センターコートを新たな領土に自慢の菓子を販売し、来店者に共和国の魅力をアピールしている。

 臨時国家建国は、同店のリニューアル1周年記念セールの一環。店側から出店を呼び掛けられた共和国が、快く引き受けた。7店が参加して7~11日の5日間、まんじゅうやどら焼き、プリン、バウムクーヘン、せんべいなどを販売している。共和国と同盟を結ぶ伊豆・いとう地魚王国も協力し、「ちんちん揚げ」や干物を扱う2店が参加した。

 共和国の事務局を務める伊東商工会議所によると人気は上々で、初日は早々と売り切れてしまう商品もあったほどだという。担当者は「来店者が多いので、PR効果も抜群。伊東の菓子の魅力を、これまで以上にたくさんの人に知ってもらえるのがうれしい」と喜び、「今後も機会があれば、積極的に市外への出店を進めていきたい」と話した。

 フェアには、共和国のイメージキャラクター「クリームぽんた」も登場。三島市のご当地キャラ「みしまるくん」「みしまるこちゃん」とともに会場を盛り上げた。

 【写説】多くの買い物客でにぎわう伊東お菓子ぃ共和国の「臨時国家」=三島市中田町のイトーヨーカドー三島店

最終更新:9月10日(土)13時38分

伊豆新聞