ここから本文です

大丸神戸店の「スープストックトーキョー」がリニューアル イートインも /兵庫

みんなの経済新聞ネットワーク 9月10日(土)7時0分配信

 大丸神戸店(神戸市中央区明石町)地下1階の「家で食べるスープストックトーキョー 大丸神戸店」が9月3日、イートインを設けた食べるスープの専門店「Soup Stock Tokyo神戸大丸店」としてリニューアルオープンした。(神戸経済新聞)

「カレーとスープのセット」(1,200円)

 食材そのものの味わいを楽しむために「手間暇をかけ、素材の特徴を生かしたスープ」(同社)を提供する同店。ランチタイムやショッピングの合間に手軽に手早く食事ができる店舗としてリニューアルした。9.1坪の店内にはイートイン12席を設け、これまで通り冷凍スープの販売も行う。

 「オマール海老のビスク」や「東京ボルシチ」など、週替わりで7種類のスープやカレーを提供。メニューは、レギュラーサイズのスープとご飯かパンを選ぶ「レギュラーカップセット」(780円)やSサイズのスープ2種類とご飯かパンを選ぶ「スープストックセット」(980円)、Sサイズのスープとカレーライス、ソフトドリンクがセットになった「カレーとスープのセット」(1,200円)などをラインアップ。一部商品を除いてテークアウトも可能。

 同店を運営するスマイルズ(東京都目黒区)広報担当の星久美子さんは「ランチタイムはもちろん、ショッピングの合間に気軽にお立ち寄りいただき、スープを楽しんでいただけたら。週ごとにさまざまなメニューをご用意してお待ちしている」と話す。

 営業時間は10時~20時。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月10日(土)7時0分

みんなの経済新聞ネットワーク