ここから本文です

米FRBタルーロ理事、早期利上げに警戒感=CNBC

ロイター 9月10日(土)2時35分配信

[ワシントン 9日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のタルーロ理事は9日、利上げに踏み切る前に、米国のインフレ率が持続的に上昇しているとのより多くの証拠を見極めたいとの考えをあらためて示した。同理事の発言を受けFRBが今月利上げを決定するとの観測が後退している。

タルーロ理事はCNBCのインタビューに対し、「インフレ率はこれまでに何度も上昇と低下を繰り返してきたため、インフレ率が継続的に上昇しFRBが目標とする水準近辺で持続的に推移するとの実際の証拠を見極めることが、自身の観点から現時点で最も適切なことだと考えている」と述べた。ただ、年内利上げの可能性について排除しなかった。

タルーロ理事は常に投票権を保有する連邦公開市場委員会(FOMC)メンバー。これまでもインフレ率がFRBが目標とする2%に達する前に利上げに踏み切るべきではないとの慎重な立場を示している。

この日もFRB当局者による発言が相次いだが、来週12日にはブレイナードFRB理事がシカゴで講演予定。同理事もこれまで時期尚早な利上げに対し慎重な立場を示している。

FRBは次回のFOMCを20─21日に開く。

最終更新:9月10日(土)2時35分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]