ここから本文です

仕掛け満載!AR連動の恐竜発掘キットでとことん遊ぶ

アスキー 9月10日(土)15時0分配信

今回ご紹介する「AR ティラノサウルス」は、恐竜のDNAを掘り出し、スマホ画面に恐竜を再現できるAR連動のキット。
 昨今のおもちゃは、スマホ対応は当たり前。NFCチップ搭載に、大人顔負けのスマホ、臨機応変な会話をしてくれるロボットなど、最新の技術を駆使したデジタルガジェットの宝庫!
 
 そんな商品の中でも特に大人もシビれてしまう曲者おもちゃや、特定の属性の人を瞬殺してしまうトンガリすぎな玩具などを、実際の使い勝手やシビれるポイントを紹介していきます!
 

 太古の恐竜の骨を発掘させる作業は、人類における永遠の浪漫ともいえます。恐竜の骨や化石を発掘するキットは数多く出ていますが、今回ご紹介する「AR ティラノサウルス」は、恐竜のDNAを掘り出し、スマホ画面に恐竜を再現できるAR連動のキットなのです。
 
本格的な恐竜の骨発掘に挑戦できる「ARティラノサウルス」
 
 恐竜の骨が埋まった石膏ブロック、発掘用ツール、恐竜を呼び出せるAR対応のプレイシートがセットになったサイエンス玩具。骨と一緒に埋まっているDNAチップをARプレイシートに張り付けると、専用のスマホアプリでARの恐竜が呼び出せ、写真や動画が撮影できる。
 
 「ARティラノサウルス」はイメージミッション木鏡社から、2160円で発売中。
 
埋まっているDNAチップを掘り起こす!
 パッケージを開けてみると、ゴロンとした石膏ブロックや発掘道具のほかに、2枚のシートが入っています。
 
 普通の発掘キットなら、発掘をして骨を取り出し、組み立てて完成! で終わりですが、この製品の醍醐味はDNAチップを掘り出すこと。このDNAチップこそが、スマホで恐竜が呼び出す重要なカギになっているのです。というわけで、骨とDNAチップをめざし、わくわくしながら発掘開始です!
 
 骨が埋まった石膏ブロックはけっこう大きく、全部掘り出すのはなかなか時間がかかりうです。四方に石膏の粉が飛び散るため、室内でやる際は、周囲に新聞紙を敷き詰めて、汚れてもいい恰好で始めることをおススメします。風呂場で作業するのも一案ですが、石膏を流すと詰まることがあるので、気を付けてください。
 
 開始10分ほどで最初の骨が見えてきました。石膏を湿らすと早くできますが、ここは本格的な発掘作業を堪能するため、あえてコツコツと削っていきます。細かく丁寧にやっていくと、1日では終わらないほどだとか。
 
 しかし、骨が見えるとテンションもアップしたせいか、20分ほどで最初の骨が取り出せました。ティラノサウルスの骨は、頭部や足、しっぽなど、全12パーツあり、全部掘り出すのにはまだまだかかりそうです。
 
カプセルに入ったDNAチップを発見
 発掘のもうひとつのお楽しみは、一緒に埋まっているDNAチップを探すこと。30分ほど掘り進めていくと、ガラスの小瓶を見つけました。これこそが、恐竜のDNAチップが入ったカプセルです。DNAチップとは、DNA風にデザインされたシールなのですが、瓶を取り出す時はちょっと感動します。
 
 発掘の途中ではありますが、待ちきれずARプレイシートに、DNAチップを貼ってみました。そして、スマホに専用ソフト『DinoCodes』をインストールし、スマホのカメラでプレイシートを写します。すると……ドスドスという迫力の足音とともに、部屋にティラノサウルスが出現!
 
 恐竜は大きいので、表示させるのにちょっと工夫が必要。なんとか画面にぎりぎり頭部がおさまったところで、すかさず子供とティラノサウルスで記念撮影。
 
 ちなみに、AR対応シートは2枚同梱されており、もう1枚は噴火する火山でした。このシリーズは、他にもトリケラトプスとステゴサウルスがあり、3体そろえると、さらに楽しめそうです。
 
骨を発掘したあとは、恐竜を組み立てて飾れる!
 ARにすっかり夢中になってしまいましたが、その後発掘を再開。結局1時間半ほどで、すべての骨を掘り出せました。あとは骨を組み立てれば完成です。ちなみに、骨は蓄光素材でできているので、暗いところで光るのも楽しい!
 
 発掘するだけのキットではなく、後々も遊べるARプレイシートが付いていて2160円はなかなかのお得感があります。発掘には時間がかかりますが、無心に削り続けたのち、骨が少しずつ見え始めた時の達成感はひとしお。秋の夜長、家での~んびりと恐竜発掘を楽しんでみるのもよいものです。
 
 
文● 相川いずみ 編集●飯島恵里子/ASCII.jp

最終更新:10月1日(土)1時16分

アスキー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]