ここから本文です

高畑裕太不起訴 釈放、被害者側との示談が成立

デイリースポーツ 9月10日(土)5時59分配信

 強姦(ごうかん)致傷容疑で先月23日に逮捕された俳優・高畑裕太(22)が9日、不起訴処分となり、勾留されていた群馬県警前橋署から釈放された。待ち受けていた報道陣に「本当に申し訳ありませんでした」と絶叫謝罪し頭を下げたが、担当弁護士は「違法性の顕著な悪質な事件ではなかった」とする書面を発表。高畑は同日付で所属事務所を解雇された。

【写真】まるで舞台のよう…釈放の裕太、絶叫謝罪

 列島に衝撃を与えた人気2世俳優による性犯罪事件は、意外な形で“スピード幕引き”を迎えた。

 母で女優の高畑淳子(61)は8月26日の謝罪会見で「罪を犯した以上、(刑に)服すべき」と愛息に厳しい言葉を向けていたが、被害者側の女性との間で示談が成立。逮捕から17日、高畑は不起訴処分で無罪放免となった。

 午後2時22分、白シャツにグレーのパンツの高畑が、前橋署の玄関に姿を見せた。「この度は皆さまに多大なるご迷惑をおかけしてしまい、本当に申し訳ありませんでした」。舞台上で発するような大声で謝罪した後、30秒間、深々と頭を下げ続けた。

 報道陣からは「被害女性にひと言ないですか?」などの声が飛んだが、こわばった表情で鋭い視線を向けつつも無言を貫き、再び一礼してから、迎えの車に乗り込んだ。心身ともに不調として入院するために、埼玉県内の病院に向かった。

 担当弁護士は文書で事件を説明。宿泊していたホテルの女性従業員に性的暴行を加え、軽傷を負わせたとされるが、性行為について「裕太さんの方では合意があるものと思っていた可能性が高く」とした。「電話で『部屋に歯ブラシを持ってきて』と呼びつけていきなり引きずり込んだ、などという事実はなかったと考えております」と主張して、「仮に、起訴されて裁判になっていれば、無罪主張をしたと思われる事件」と結論づけた。

 逮捕直後には計画性は否定するも罪を認めていたはずの高畑。世間には釈然としない印象を残し、自由の身となった。

最終更新:9月10日(土)6時38分

デイリースポーツ