ここから本文です

テレ朝・金曜ナイトドラマは松岡昌宏主演「家政夫のミタゾノ」

映画.com 9月10日(土)7時0分配信

 [映画.com ニュース] テレビ朝日の10月スタートの金曜ナイトドラマは、「TOKIO」の松岡昌宏主演「家政夫のミタゾノ」(金曜午後11時15分~)に決定した。

 同局の大ヒットドラマシリーズで「家政婦は見た!」は1983年~2008年に市原悦子、14年~米倉涼子の作品があるが、今作は“男性家政婦=家政夫”。家政婦紹介所に所属する家政夫・三田園薫を松岡が演じる。家庭を崩壊させ、再生へと導く新たなダークヒーローが誕生する。脚本は、「半沢直樹」「下町ロケット」「刑事7人」の八津弘幸。監督は「アイホーム」「スペシャリスト」の七高剛が務める。

 また、10月スタート木曜午後8時のドラマは、沢口靖子主演の人気シリーズ「科捜研の女」第16シーズンに決定した。99年スタートの長寿シリーズ。(文化通信)

最終更新:9月10日(土)7時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。