ここから本文です

「天声人語 2016年9月10日」

朝日新聞デジタル 9月10日(土)7時0分配信 (有料記事)

 先週、宮城県石巻市の楽器店サルコヤを訪ねた。東日本大震災の津波に襲われて壊れたピアノを手作業で1台ずつ修理していると聞いたからだ。海水をかぶったピアノを直せるのだろうか▼「修理方法がわからず、最初は無理かなと考えました。難敵は隅々にしみこんだ海水の塩分でした」。井上晃雄(てるお)社長(87)は工房で汗をぬぐった▼高圧の水で汚れを落とし、鍵盤や弦、フェルトなど部品を交換する。だが1週間でサビが出て音が狂う。塩分が残っているからだ。「海水を吸った楽器を直すなんて無理です」と店を去った社員もいた。失敗を重ねた末、超音波で機器の塩分を除去する技術を持つ神奈川県内のベンチャー企業を探しあてた▼これまで修理されたピアノは被災地のほか、遠く愛知県や兵庫県へ引き取られた。……本文:1,159文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:9月10日(土)7時0分

朝日新聞デジタル