ここから本文です

THE YELLOW MONKEY、15年9カ月ぶりシングルは菅野美穂主演ドラマ主題歌

音楽ナタリー 9/10(土) 4:00配信

THE YELLOW MONKEYの再集結後初のシングル「砂の塔」が、10月19日にリリースされる。

【この記事の関連画像をもっと見る】

彼らがシングルをリリースするのは、2001年1月の活動休止後にリリースした「プライマル。」以来15年9カ月ぶり。タイトル曲は10月14日(金)よりTBS系で放送される菅野美穂主演のサスペンスドラマ「砂の塔~知りすぎた隣人」の主題歌として書き下ろされた楽曲で、イエモンがドラマ主題歌を手がけるのは1997年に放送されたTBS系ドラマ「職員室」主題歌の「BURN」以来となる。

この曲について吉井和哉(Vo, G)は「新生イエローモンキーとしてドラマの中でどのような花を添えられるか、試行錯誤しながらも楽しんで挑むことができました」とコメントしている。なお、本日9月10日5:00からYahoo!検索にて「砂の塔~知りすぎた隣人」の関連ワードを検索すると、検索結果トップ画面に表示される限定映像では、主題歌「砂の塔」をいち早く聴くことができる。

シングルのカップリングには再集結後に発表した新曲「ALRIGHT」が収録される。さらに初回限定盤にはボーナストラックとして、現在開催中の全国ツアー「THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016」のライブ音源が12会場分、合計12曲収められる。こちらの楽曲タイトルはツアー終了後に発表される。

吉井和哉 コメント
この「砂の塔」と名付けられた曲は、イエローモンキーの再集結後、初のシングル曲になります。

番組サイドのスタッフの方々の熱意に押され、新生イエローモンキーとしてドラマの中でどのような花を添えられるか、試行錯誤しながらも楽しんで挑むことができました。

タワーマンションを舞台に繰り広げられる、現代社会の裏側とミステリーを掛け合わせたドラマですが、これはそのまま人間の人生や、バンドの人生に当てはまると思い、その側面も添えながら歌詞を書かせていただきました。

タイトルも「砂の塔」以外に考えられませんでした。

この曲のストリングスアレンジに僕らが尊敬し、ずっと憧れていた船山基紀さんをお迎えし、そのケミストリーはバンドの歴史的にも素晴らしい結果を招きました。

このドラマには親と子の愛の重要さが本質に隠れていますが、イエローモンキーも昔から家族の誰かしらとの繋がりを歌にしてきました。この曲は現時点での集大成だと感じています。

THE YELLOW MONKEYが贈る黄色い花も是非お楽しみください。

THE YELLOW MONKEY「砂の塔」収録曲
初回限定盤
01. 砂の塔
02. ALRIGHT
<ボーナストラック>
03.~14. 「THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016」12会場LIVE音源

通常盤
01. 砂の塔
02. ALRIGHT
03. 砂の塔 -Instrumental-
04. ALRIGHT -Instrumental-

最終更新:9/10(土) 4:00

音楽ナタリー