ここから本文です

ユーロ圏財務相、ギリシャに改革推進の加速化要請

ロイター 9月10日(土)2時50分配信

[ブラチスラバ 9日 ロイター] - ユーロ加盟国は9日、ブラチスラバで財務相会合を開き、ギリシャに対し次回支援が提供される前に支援の見返りに実施を確約した改革の推進を加速化させるよう求めた。

ギリシャに対する28億ユーロの次回支援は10月末までに実施される予定。これに先立ち、支援の見返りとしてギリシャが実施する重要な改革事項の期限は今月末に設定されているため、ユーログループはギリシャの改革路線を維持させたい考え。

ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)のデイセルブルム議長(オランダ財務相)は会合後、「ユーログループとして、失われた時間を取り戻すために再始動する必要があるとのメッセージを送った」とし、「軌道から外れないことがすべての関係各国の共通の利益になるとギリシャ側も理解したと考えている」と述べた。

ただ、民営化やエネルギー市場の改革のほか、独立した歳入庁の設立など、ギリシャが確約した15項目の改革事項の実施はまだ道半ばとなっている。

欧州委員会のモスコビシ委員は「このところギリシャ当局は取り組みを加速化させている」としながらも、「期待したほどの進展は得られていない」と指摘。今回の会合に出席した一部財務相からもギリシャの改革実施は遅延しているとの懸念が出ている。

欧州中央銀行(ECB)のクーレ専務理事は「ギリシャの債務持続性をめぐり深刻な懸念が存在している」と指摘。ただ「持続的な解決策を見い出すことは、ギリシャだけでなくユーロ圏全体の利益となる」と述べた。

最終更新:9月10日(土)2時50分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]