ここから本文です

<速報>広島が逆転勝利で25年ぶり7度目V!

THE PAGE 9月10日(土)21時41分配信

 広島が10日、東京ドームで行われた巨人戦に6-4で逆転勝利、25年ぶり7度目のリーグ優勝を決めた。広島は鈴木誠也(22)が同点&リードを広げる2本塁打と躍動。守っては先発の“男気”黒田博樹(41)が6回を6安打3失点に抑え、7回を今村猛(25)、8回から勝利の方程式であるジェイ・ジャクソン(28)、“守護神”中崎翔太(24)へとつないで逃げ切った。

 今季の広島の強さを象徴するような戦い方で、131試合目に歓喜のV。就任2年目の緒方孝市監督(47)が東京ドームに7度舞った。
   
 これが優勝のプレッシャーなのか。

 ベテラン黒田の立ち上がりのコントロールが安定しない。一回、先頭の長野にライト前にヒットを落とされ、送る気配のない亀井をレフトフライに打ちとって、自打球で欠場、5試合ぶりにスタメン復帰した坂本。初球の外のスライダーだった。「積極的に打ちにいった」という坂本に泳ぎながらも左手1本でバットに乗せられレフトスタンド最前列まで運ばれてしまった。広島の優勝を阻止した阪神戦で、藤川から打った逆転3ランの再現フィルムのような先制2ラン。マウンド上で黒田は表情をひとつとして変えなかった。

 2点を追う広島は、巨人の先発、マイコラスに対して1、2回と走者を出しながらも得点できなかったが、3回、黒田の打席に真っ赤に染まったスタンドが沸く。ファウルで11球も粘ったのだ。12球目に三振したが、その無言のメッセージはナインに伝わった。田中が四球を選び、続く菊池のショートを襲ったゴロを坂本が大きく弾き、打球が外野へ転々とする間に田中が生還した。1点差に迫って球場の雰囲気を一新させた。

 ここまで41度の逆転勝利をマークしている逆転のカープである。4回、先頭の鈴木誠也がカーブを捉えてレフトへ同点25号。「追い込まれていたので食らいついていった」。歓声が鳴り止まない間に松山も右中間へ勝ち越しの10号ソロ。「完璧なあたり」とベンチで声が弾む。一発攻勢でゲームをひっくり返したのだ。
   

1/2ページ

最終更新:9月10日(土)22時7分

THE PAGE

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。