ここから本文です

フェリペ・マッサ「ルノーやハースと交渉はしていた」

TopNews 9月10日(土)16時49分配信

今季限りでのF1引退を発表したフェリペ・マッサ(ウィリアムズ)だが、それを決意する前には自分のマネジャーがほかのチームとも接触していたことを認めた。

だが、マッサは、シートが獲得できる見込みがなかったことが引退するという決断につながったわけではなかったのだと主張している。

「市場の影響も少しはあったよ。だけど、それは小さかった」

FIA(F1統括団体の国際自動車連盟)会長であるジャン・トッドの息子ニコラ・トッドにマネジメントを委託しているマッサは母国ブラジルの『UOL Esporte(ウニヴェルソ・オンライン・エスポルチ)』にそう語ると、次のように続けた。

「市場がどういう動きをしているのか、僕は知らなかったんだ。ニコラは少しばかりルノーと話をしたし、ハースとも何度か接触したよ」

「もちろん、僕だって市場がどんな感じなのかは感じていたよ。だけど、その影響はすごく小さかった。一番強かったのは、僕の心の内から生じた決断だったんだ」とマッサは結んだ。

最終更新:9月10日(土)16時49分

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。