ここから本文です

カムバックを控えた「2PM」、タイトル曲はテギョン自作曲「Promise」

WoW!Korea 9月10日(土)9時56分配信

人気ボーイズグループ「2PM」がオク・テギョンの自作曲をタイトル曲に掲げた。

 「2PM」は10日0時、JYPエンターテインメントの公式SNSを通じて、新しい正規アルバム「GENTLEMEN'S GAME」のトラックリストを公開した。

2PMのプロフィールと写真

 「GENTLEMEN'S GAME」のトラックリストを満たしたナンバーは全11曲で、タイトル曲の「Promise」を含め、「Uneasy」、 「Giv u Class」、「Make Love」、「所かまわず」、「Never」、「鼻歌」、「どう? 」、 「香水」、「My Last」、「Can't Stop Feeling」などが収録されている。

 特に新しいタイトル曲「Promise」は、テギョン(Taecyeon a.k.a TY)が作詞作曲に参加した曲で、「2PM」のカムバックに対する期待感を一層高めた。

 「2PM」は以前からJun.Kの自作タイトル曲「My House」や「Go Crazy」の他、メンバー全員がクレジットに名前を上げて6人がミュージシャンとしての実力を遺憾なく発揮するなど、アイドルとは次元の異なる才能を見せてきた。

 今回のアルバムでは、11曲のトラックリストのうち、7曲をメンバーたちが手がけている。ウヨンは「Giv u Class」と「鼻歌」の作詞作曲、チャンソンは「Make Love」、「Can 't Stop Feeling」の作詞作曲、「Uneasy」の作詞に参加した。テギョンは「香水」のラップメイキングに参加し、有数の作曲家たちと並んで名前を上げた。

 「2PM」の新しいアルバム「GENTLEMEN'S GAME」は、今月13日に発売される。

最終更新:9月10日(土)9時56分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。