ここから本文です

(社説)民進党代表選―野党第1党の責任は

朝日新聞デジタル 9月10日(土)7時0分配信 (有料記事)

 野党の存在意義は何か。果たすべき役割とは何なのか。
 蓮舫、前原誠司、玉木雄一郎の3氏による民進党代表選を機に、野党について考えてみる。
 国会は自民党の1強が際だつ。安全保障関連法など対決法案で、野党は多数を握る与党にねじ伏せられ続けている。
 だが、与党の政策に反対する有権者はいる。その代弁者として与党に異議を唱える。このチェック機能が「争点の可視化」などと並ぶ野党の役割だと、北海道大の吉田徹教授は著書「『野党』論」で指摘する。
 7月の参院選で野党共闘が一定の成果をあげたのも、異議申し立てへの期待からだろう。……本文:1,838文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:9月10日(土)7時0分

朝日新聞デジタル

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。