ここから本文です

【プレイレポ】露出狂シミュ『Intensive Exposure』で冷静な状況判断と緻密な計画性を学んだ

インサイド 9月10日(土)23時0分配信

!注意!本記事には性的表現が含まれています。18歳未満の方は閲覧をご遠慮下さい。


9月6日よりSteamにて配信された、Fireline Games が手掛ける『Intensive Exposure』は、露出狂の男が公衆の面前で下半身を曝け出し、スコアポイントを稼いでいく見下ろし型アクションゲームです。そのセンセーショナルな内容と、ブロック玩具を積み上げたようなグラフィックが魅力の本作を体験してきたので、早速プレイレポートをお届けします。

【関連画像】


ゲームの基本は、プレイヤーキャラクターを操作して、ステージ上にいる女性たちに下半身を曝け出すだけです。しかしながら、ステージには、屈強な警備員が至る所に常駐しており、変態行為をするのであれば、すかさずスタンガンや警棒で襲い掛かってきます。また、女性の中には、反撃してくるオバハンタイプのキャラクターがおり、プレイヤーは、そんな敵の攻撃をかわしながら、多くの女性たちにその下半身を曝け出す事になるのです。(なんちゅーゲーム内容や……)


本作には、ステージクリアは存在しません。プレイヤーは、トップスコアが記載されたオンラインランキングを見ながら、世界一の記録保持の変質者になるべく、ハイスコアを目指す事になります。女性に下半身を曝け出していくと、コンボゲージが溜まって獲得できるスコアポイントが増加します。コンボゲージを溜めつつ、よりスコアポイントを獲得するには、多くの女性が集まる場所で、下半身を曝け出さなければいけません。


変態行為を続ければ続けるほど、襲い掛かる警備員やオバハンの数が多くなり、より難易度が高くなっていきます。ただ、ひたすら彼らから逃げるのではなく、ステージの地形や逃走用の足止めに使う障害物の場所などを把握して、冷静に状況判断を行いながら逃げなければなりません。このような変態行為は、想像以上に冷静な判断力と緻密な計画性が求められるのです。




ステージは、「オフィス」「ショップ」「ミュージアム」の3種類が登場。

オプションでは、なんと下半身のモザイク模様が変更できる!

特定の条件を満たすとスキンがアンロックできる。

PIZZA BOYスキンのアクションは、流石にまずいですよ!
『Intensive Exposure』は、配信価格498円(税込)という事もあって、ミニゲーム感覚で軽く楽しむ作品です。やり込み要素は、オンラインランキング上位を目指してひたすらハイスコアを狙うだけで、やや物足りなさを感じますが、本作のおバカなゲーム内容は、ヤケにテンションが上がっている時や、友達との接待プレイで遊ぶと異様に盛り上がるはずです。本作は英語版ですが、日本語表記がなくても十分に遊べます。

『Intensive Exposure』は、9月17日まで20%オフの398円(税込)で販売中です。

最終更新:9月10日(土)23時0分

インサイド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。