ここから本文です

フォルクスワーゲン GTI 生誕40周年を祝う…サーキットタクシーも

レスポンス 9月10日(土)10時15分配信

フォルクスワーゲングループジャパンは9月9日、袖ヶ浦フォレストレースウェイ(千葉県袖ケ浦市)において、フォルクスワーゲンのスポーツモデル“GTI”の生誕40周年を記念したイベント、“GTI Meeting Japan”を開催した。

[関連写真]

「ここ日本においても60年以上の長きにわたって、お客様と共に歩んできたVW。今回は、GTI 40周年というきっかけを通じて、改めてVWとGTIの楽しさを体感してもらいたいという思いから企画したものだ」とは、同社ティル・シェア社長の弁。

快晴に恵まれた当日のイベントはコース走行を中心に開催された。内容は大きく3つのカテゴリーに分かれ、ヘルメットやドライビンググローブ等レーシングギアを着用してコースを走行する“G”カテゴリーから、サーキット経験者だがサイドインストラクターについて経験したいという“T”カテゴリー。そして、サーキット初心者でスムーズに走る運転技量を身につけたいという“I”カテゴリーの3つ。“I”カテゴリーにはレディースクラスも用意され、シートポジションやステアリング操作などの、基本操作からインストラクターによる解説が行われていた。

一方、パドックを使ったイベントでは、お昼にはレーシングドライバーの中谷明彦選手と荒聖治選手によるトークショーも開催。どちらもゴルフのワンメイクレース、ポカールレース経験者であることから、当時のエピソードや、ゴルフGTIへの想いが語られた。

さらに両選手によるサーキットタクシーも開催された。しかも、その“タクシー”が『ゴルフクラブスポーツ』であったことから、全部で3回あったそれぞれの回とも相当の倍率で、じゃんけんで決める際には、あちらこちらで悲喜交々の様子が見られた。

当日はウィークデイにも拘らず240台、約500人の来場があり、遠くは岐阜や神戸からの遠征組もあり、大いに盛り上がりを見せていた。

《レスポンス 内田俊一》

最終更新:9月10日(土)10時15分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。