ここから本文です

今注目すべきは「iPhone 7/7 Plus」じゃない“あの端末”

ITmedia Mobile 9月10日(土)6時10分配信

 Appleが「iPhone 7/7 Plus」を発表した。IP67等級の防水/防塵(じん)性能、FeliCaの搭載などスペック面の変化が大きく、買い換えを検討している人も多いだろう。発売日も16日とまもなくだ。

【画像】買うべきはこの端末

 だが、「iPhone 5/5s」など小柄なボディーを好んでいたiPhoneユーザーは、年々大型化する端末への乗り換えを見送っている人もいる。容量によっては一括価格が10万円近くするものもあり、価格的にも気軽に手が出せなくなってきた。

 そんな人にとって“第3の選択肢”となるのが、4型ディスプレイを搭載する「iPhone SE」だ。これまで通り16GBと64GBの2モデルを展開しており、Apple公式サイトでの価格は、16GBモデルは4万7800円から4万4800円に、64GBモデルは5万9800円から4万9800円に値下げされた(9月8日時点。9日現在、各端末の価格ページは確認できない、以下同)。

 月額料金を安く抑えられる格安SIMが使えるSIMロックフリーiPhone(64GB)が、5万円以下で入手できる。コンパクトさとお手頃な価格を求めるなら、悪くない選択肢といえる。

●「iPhone SE」は誰向けの製品なのか

 iPhone SEは、2013年秋に発売された「iPhone 5s」の小型(4型)ボディーにiPhone 6sの性能をほぼそのまま乗せ換えたモデルだ。「3D Touch」や「第2世代Touch ID」が非搭載である点など、全部が全部6sと同じというわけではないが、A9プロセッサや1200万画素のアウトカメラの採用など、主要な部分はほぼ6sのスペックを踏襲している。

 iPhone SEは、「4型というサイズに強い魅力を感じるけれど、スペックは高いに越したことはない」というユーザーに最も向いている。6 Plus/6s Plusを使ってどうもしっくりこなかった、という人にとってもオススメだ。

 次に、「SIMロックフリーでiPhoneを使ってみたいユーザー」の最初の1台にも向いている。繰り返しになるが、6sとほぼ同等のスペック、同ストレージ(64GB)で5万円を切るのはかなり魅力的だ。

 現在Android端末を使っているユーザーや、ガラケーを使っていてスマホを使ったことがないユーザーにとってはどうだろうか。iPhoneへの乗り換えを検討している場合、“初めてのiPhone”としてiPhone SEは適しているのか。

 前提として、ここ数年iPhoneは「4 → 4s → 5 → 5s(5c) → 6 → 6s→7」という具合に、ナンバリングを変更する「大きなアップデート(数字が1つ進む)」と、旧モデルから方針を変更せずに完成度を高める「小さなアップデート(数字の後ろにsが付く)」を1年置きに繰り返してきた。

 SEは直接的にはこのアップデートの流れから外れるが、実質的には「iPhone 5sの強化版」といって問題なく、初心者におすすめな「小さなアップデート」の方のiPhoneといえる。

 サイズ、SIMロックフリー端末としての価格、総合的なスペック面などから見て、iPhone SEは決して悪くない選択肢といえる。

最終更新:9月10日(土)6時10分

ITmedia Mobile

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]