ここから本文です

阪神・藤川球児が配置転換へ 8日G戦でリリーフ失敗…来季へ向け正念場

デイリースポーツ 9月10日(土)6時2分配信

 阪神・金村暁投手コーチ(40)が9日、甲子園で行われた投手指名練習に参加し、8日・巨人戦(甲子園)でリリーフ失敗した藤川球児投手(36)の配置転換を示唆した。今季は先発スタートしたが結果を残せず、中継ぎに再転向。新たなセットアッパーには松田、サターホワイトの名前が挙がっている。球児にとっては正念場だ。

【写真】「球児」が急上昇ワード1位に…その理由とは

 ペナントレース残り13試合。CS争い佳境を迎えて、球児が苦境に立たされた。最近3試合で2度のホールド失敗。リードの展開で登板しながら、不安定な内容が続いている。こうした現状に金村投手コーチは「こちらとしては絶対的な信頼を置いている。メンタル的に切り替えることもできる」と右腕の心情を察しつつ、一時的な配置転換を示唆した。

 「球児を楽なところでというのは考えている。松田、コーディー(サターホワイト)もいいからね。そういうことは考えている」

 8日の巨人戦はまさに悲劇だった。1-0の八回、先発青柳が1死から連続死球を与えると、ベンチは藤川にスイッチ。「球児なら何とかしてくれる」(香田投手コーチ)とベテランの経験にかけた。

 しかし、結果は無残。代打・坂本に逆転3ランを浴びて、痛恨の継投失敗。3日・DeNA戦(甲子園)に続き、白星を黒星に変えた。本人も試合後「勝負どころだったので。今までそういうところでやってきたけど残念。本当に申し訳ないです」と謝るしかなかった。

 苦しい1年だ。4年ぶりにタテジマ復帰した今季は先発でスタートしたが結果を残せず、リリーフに再転向。7月は無失点と輝きを取り戻したように見えたが、8月以降は失点するケースが目立っている。セットアッパーこそ、最も輝ける場所だったはずだが…。

 一方、他の中継ぎ陣に目を向けると5年目松田が台頭してきた。20試合に登板し、防御率0・72。シーズン途中入団したサターホワイトも、15試合の登板で防御率1・69と安定感が光る。守護神マテオにつなぐ一角を任せたくなる働きだ。

 もちろん、球児への信頼は不変。金村投手コーチは「ブルペンの球はいい。八回の難しいところで失敗して、力みにつながっていると本人も言っていた。そこを乗り越えてほしい。あれだけ実績のある投手だから」と復調に期待を寄せた。

 ただし金本阪神が推し進める「超変革」に聖域はない。来季を見据えて、厳しい立場に追い込まれつつある。シーズン最終盤、球児が正念場を迎えた。

最終更新:9月10日(土)10時23分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]