ここから本文です

【蹴拳】国崇vs野呂の団体トップ対決が決定

イーファイト 9/10(土) 16:58配信

 10月16日(日)東京・ディファ有明で開催される『蹴拳 32』の対戦カード第一弾が発表された。

【フォト】国崇の強烈なヒジ打ち

 NJKFの大ベテランであるISKA世界フェザー級王者・国崇(拳之会)が参戦、蹴拳の看板選手である初代MuayThaiOpenスーパーバンタム級王者・野呂裕貴(エスジム)と対戦する。

 国崇は2000年7月にプロデビューし、現在まで80戦を経験。飛びヒザ蹴りとレバーブローを始めとする破壊力のある攻撃でNJKFフェザー&バンタム級王座、WBCムエタイ日本&インターナショナル・スーパーバンタム級王座など多くのタイトルを獲得してきた。6月にはISKA世界タイトルをKO勝ちで防衛している。

 対する野呂は左ミドルキック、ヒジ打ちを得意とするムエタイスタイルで、ムエタイ最高峰のルンピニースタジアム王座を目指すムエタイスタイルの選手。17勝のうち11KOと倒す試合が多く、現在2連続KO勝ち中。

 NJKFと蹴拳を代表する選手同士の対戦、団体の看板を守ることが出来るのはどっちだ。

最終更新:9/10(土) 16:58

イーファイト