ここから本文です

木のぬくもりあふれる和の空間“富士見テラス”から眺める富士山&駿河湾♪ご当地こだわりグルメも<伊豆の国パノラマパーク>【伊豆の国市】

伊豆新聞 9月10日(土)16時49分配信

 目の前に広がる富士山と駿河湾の大パノラマが楽しめる<伊豆の国パノラマパーク>空中公園内に和の空間をテーマにした「富士見テラス」が、誕生し、多くの観光客でにぎわっている。

【写真特集】富士山に見守られ、誓う愛♪恋人の聖地で鳴らそう「幸せの鐘」<伊豆の国パノラマパーク>

 ロープウエーを降りた瞬間から、目の前に広がる富士山と駿河湾の絶景。まずは、広々とした325平方メートルのメーンデッキで、雄大な景色を堪能しよう。円形のウッドデッキと、自然石張りのデッキは、思い思いの形でくつろげる休憩スペースとなっている。

 和モダンのこだわりのインテリアが並ぶ「かつらぎ茶寮」は、落ち着いた雰囲気の店内席と開放感あふれるテラス席の2種類がある。斜面に張り出して作られたカウンターテーブル付きの2段デッキは、まるで空中に浮かんでいるかのよう。雄大な景色を眺めながら、食事やスイーツを楽しむことができる人気スポットだ。

 同店のオススメは、静岡・茶農家直送の「牧之原茶プレミアム 菓子付き」。柔らかな新芽2葉のみを使用した最高級の茶は、甘味、香りが強く、深みのある味わい。カテキンの濃度も高く、健康茶としても注目されている。

 名物・生フルーツかき氷に加え、新たなスイーツメニューとして登場したのが「冷たい新感覚どら焼き」。ふわふわに焼き上げたスポンジ生地にクリームをはさみ、冷やした状態で提供。地元・伊豆の国産の紅ほっぺイチゴと、沼津産の寿太郎ミカンの2種類がある。沼津・雅心苑の店舗以外で食べられるのは、同店だけ。

 他に、富士山の溶岩石で香ばしく焼き上げ、秘伝のコクのある赤味噌(みそ)ダレを塗った「富士見だんご」や、富士山の伏流水を使用している地元製麺所の麺を使用した「かつらぎそば」などもある。

 園内は、パワースポットでもある恋人の聖地「幸せの鐘」、葛城神社、百体地蔵尊など見どころが多く、四季折々の花や紅葉越しに富士山が見られるのも同園ならでは。絶景が望める無料の「富士見の足湯」は混雑時には行列ができるほどの人気ぶりで、気軽に楽しめる足湯は外国人にも好評だという。

1/2ページ

最終更新:9月23日(金)9時7分

伊豆新聞