ここから本文です

【全米オープン】錦織圭 逆転負け2度目の決勝進出逃す

東スポWeb 9月10日(土)10時58分配信

【ニューヨーク9日(日本時間10日)発】テニスの全米オープン男子シングルス準決勝で世界ランキング7位の錦織圭(26=日清食品)は同3位のスタン・バブリンカ(31=スイス)に6―4、5―7、4―6、2―6で逆転負けし、準優勝した2014年以来2度目の決勝進出を逃した。勝てば自己最高の世界ランク3位も確定したが、お預けとなった。

 準々決勝で同2位アンディ・マリー(29=英国)をフルセットで撃破した錦織は、勢いそのままに第1セットを奪取した。第1サーブの確率は今大会最高の71%を記録する立ち上がりだ。

 しかし、次第にバブリンカが復調。錦織は得意のストローク戦でも優位に立てなくなる。ボールが浅くなり、湿気で体力も消耗。足が止まり始める中、懸命のプレーを見せたが、第2、3セットを奪われた。

 第4セット第2ゲーム、バブリンカは何を打っても入るゾーンに突入。錦織はラブゲームでブレークを許した。タオルで顔をぬぐい、力なくラケットを手放す。なす術がないといった表情だ。それでも、錦織に「ギブアップ」の文字はない。第5ゲーム、ブレークバックに成功。しぶとく食い下がり、意地を示す。しかし、続くゲームを落とすと、両ヒザを押さえて疲労困ぱいだ。

 第8ゲーム、最後はフォアがネットにかかり、力尽きた。

最終更新:9月10日(土)10時58分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]