ここから本文です

【UFC】アリスターが計量遅刻で罰金、さらにブーイングで迎えられる

イーファイト 9/10(土) 17:01配信

 9月10日(土・現地時間)アメリカ・オハイオ州クリーブランドのクイックン・ローンズ・アリーナで開催される『UFC 203』の公開計量が9日(金・同)現地にて行われた。

【フォト】K-1では禁止されていた首相撲からのヒザ蹴りはアリスターの得意技

 メインイベントでUFCヘビー級王者スティペ・ミオシッチ(アメリカ)に挑戦する同級3位アリスター・オーフレイム(オランダ)は、計量時間に遅刻して規定時間内に体重計へ乗らなかったことから500ドル(約52,000円/9月10日現在)の罰金が科せられた。

 さらに、今回は王者ミオシッチの地元開催であることから計量に姿を現すと場内からはブーイングが起こった。アリスターは112.72kg、ミオシッチは111.59kgでそれぞれ計量を一発でクリアーしている。

 計量を終えたアリスターは「明日は歴史を創る」と、ミルコ・クロコップもマーク・ハントも成し遂げていない史上初のUFC&K-1のダブル制覇を宣言。「ブーイングしているクリーブランドのファンには申し訳ないが、トレーニングキャンプもパーフェクトだったし、俺はやるよ」と絶好調だと告げた。

 迎え撃つ王者ミオシッチはこの発言を受けて、「アリスターはタフガイでK-1を始めとしていくつものベルトを獲ってきた。ただし、UFCではそれは無理だ。ベルトはクリーブランドに残る」と、必ず防衛するとコメントした。

最終更新:9/10(土) 17:05

イーファイト