ここから本文です

新海誠&川上未映子“表現者”としてのルーツは…「SWITCHインタビュー 達人達(たち)」

cinemacafe.net 9/10(土) 18:30配信

異なる分野で活躍する“達人”たちが対談、お互いの仕事の“極意”に迫る「SWITCHインタビュー 達人達(たち)」の9月10日(土)放送回に、最新作『君の名は。』が現在公開中のアニメーション監督の新海誠と小説家・詩人の川上未映子が出演する。

【写真】新海誠&川上未映子「SWITCHインタビュー 達人達(たち)」

作画から監督までほぼ全てを自身が手がけた『ほしのこえ』で当時のアニメシーンに大きな衝撃を与え、続いて発表した『雲のむこう、約束の場所』が毎日映画コンクールアニメーション映画賞を受賞。2007年公開の『秒速5センチメートル』が世界的に高い評価を獲得すると、その後ファンタジーテイストの『星を追う子ども』、Twitterを中心に話題となった『言の葉の庭』がヒットした新海さん。“新海ワールド”と呼ばれる独特の鮮やかな風景描写は多くの人を魅了、最新作の『君の名は。』も公開8日間で興収27億円を突破、大ヒットを記録している。

そんな新海さんが今回「会いたい」と指名したのは、高校卒業後バンド活動を経て2002年にCDデビュー。その後2007年「わたくし率 イン 歯ー、または世界」を発表、第137回芥川賞候補作となると翌年「乳と卵」で同賞受賞。その後は小説だけでなく詩集の発表や2010年には映画『パンドラの匣』でキネマ旬報新人女優賞を受賞するなど多方面で活躍する川上さん。

新海さんは自身の作品と同様に少年少女の心理に深く入り込んだ「ヘヴン」や「あこがれ」などの作品世界に強く魅せられたそうで、幼少時代「いつか人はみんな死ぬ」といった“死”の観念に強くとらわれていたという川上さんに作家としてのルーツについて質問していく。

そして川上さんも新海さんのアニメ制作の現場を訪問、新海ワールドの特徴ともいえる“光の表現”をはじめとした独特の描写が生まれる様を目の当たりにしながら、勤務先のゲーム会社を辞めて背水の陣で臨んだデビュー当時のことなど新海さんの内に秘められた情熱に迫っていく。“子ども時代のイノセンス”を持ち続ける両者が熱く語る1時間は必見。

『君の名は。』は、山深い田舎町に暮らす女子高校生の三葉と、東京で暮らす男子高校生の瀧が、夢の中で“入れ替わり”互いが生きる世界を通して、次第に惹かれあう。遠く離れた2人が夢の中で出会う意味とは? 時空を超えた少年少女の冒険が始まる…という物語。キャストは神木隆之介、上白石萌音、長澤まさみ、市原悦子ら。主題歌を「RADWIMPS」が手掛けている。現在、公開中。

「SWITCHインタビュー 達人達(たち)」は9月10日(土)22時~NHK Eテレで放送。

最終更新:9/10(土) 18:30

cinemacafe.net

なぜ今? 首相主導の働き方改革