ここから本文です

日本10点爆勝!ヤ川端の妹・友紀がW杯で絶好調 兄に“金言”もらった

デイリースポーツ 9月10日(土)6時2分配信

 「女子野球W杯・2次リーグ、日本-豪州」(9日、釜山広域市)

 日本が豪州に5回コールド勝ち。初回に4番・川端友紀内野手(27)=埼玉アストライア=の2点三塁打、船越千紘捕手(20)=平成国際大=の左前2点適時打などで6得点。これに清水美佑(18)=埼玉栄、吉井萌美(23)=アサヒトラスト=両投手の無失点リレーと投打がかみ合った。2次リーグ3連勝となり、1次の持ち越し分と合わせて4勝0敗として10日の韓国戦を待たず、11日の決勝戦への1位進出を決めた。

【写真】マドンナにハプニング発生! 原因は蛇?

 絶対的4番だ。川端は初回の2点三塁打を「完璧」と振り返った。これで大会17打数9安打、9打点と当たりまくっている。

 ヤクルトの兄・慎吾から「下半身の粘りが大切」と助言をもらい、取り組んだ結果「7月に『これだ』というものにたどり着きました」というのが好調の秘けつだ。

 また広島に兄・涼太がいる船越もこの日はタイムリー2本。巨漢選手のタックルにひるまず体を張った本塁死守のガッツプレーで勝利に貢献した。

 船越は「今、本当に楽しくできてるので緊張もしないし、体がよく動いてくれるんです」。ともにプロの兄を持つ、マドンナジャパンの4番と正捕手の、ぶれないセンターラインがチームを頂点に導いてくれるはずだ。

最終更新:9月10日(土)6時52分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月27日(火)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]