ここから本文です

レヴァンドフスキ1G1A、80分ノーゴールでも最後は勝つバイエルン/ブンデス

ISM 9/10(土) 10:58配信

 ドイツ・ブンデスリーガは現地時間9日に第2節の1試合が行なわれ、バイエルンが敵地でシャルケを2対0で下した。アンチェロッティ監督のもと、バイエルンは開幕2連勝としている。

 試合終盤までネットを揺らせなかったバイエルンだが、迎えた81分、中央のマルティネスが相手守備陣の裏にボールを通すと、これを受けたレヴァンドフスキがGKとの一対一を制してゴール。ロスタイムにはレヴァンドフスキのお膳立てからキミッヒが加点し、残り約10分で勝ち点3をもぎ取った。

 これで今季4ゴールとなったレヴァンドフスキは試合後「辛抱が必要な試合だった。とても重要な1勝だ」とコメント。一方、開幕2連敗となったシャルケのヴァインツィール監督は「厳しい結果だ」と語っている。(STATS-AP)

最終更新:9/10(土) 10:58

ISM

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合