ここから本文です

人形町にバラ&ワイン専門店 近隣飲食店がコラボ、「持ち込みOKマップ」も /東京

みんなの経済新聞ネットワーク 9月10日(土)13時13分配信

 日本橋人形町に9月3日、ジャケ買い気分でワインが選べるバラ&ワイン専門店「Wine and Weekend」(日本橋人形町2 TEL03 6661 1845)がオープンした。(日本橋経済新聞)

近隣の飲食店とコラボし、「人形町BYOマップ」の制作も続けている(関連画像)

 同所で営業を続けていた、世界のバラ専門店「ディスカバーローズ」が業態変更した同店。バラ専門店のアイデンティティを残しながら「ワインのジャケ買いができるコンセプトショップ」をテーマに、ラベルのユニークなもので農薬等の使用に留意して作られた世界のワインを常時40銘柄取りそろえる。

 価格は3000円前後、すべて店主の岩本すずかさんが味を確かめ、気に入ったものだけを置いているという。

 岩本さんは、長く外資系航空会社のキャビンアテンダントとして世界各国を巡る中でワインの魅力に引かれ、ソムリエの資格を取得して同店のオープンまでこぎつけたという。「なかなかワインが選べない、というお客さまが多い中、おいしくて、体に優しくて、見て楽しいワインだけをセレクトしている」と自信を見せる。

 近隣の飲食店のコラボし、「人形町BYOマップ」の制作も続けている岩本さん。BYO(Bring Your Own Bottle)は、客が持ち込み料を払って自分の持参した酒を飲むことで、客は自分の好きな酒を自由に楽しめ、店も持ち込み料を自由に設定できて仕入れリスクや在庫管理の負担も軽くなるため、海外では一般的な飲食スタイルという。現在約30店舗の協力を得て10月8日にリリース予定でマップは印刷物のほか、専用アプリも用意する。

 「ワインを通じて飲食店とお客さまの橋渡しになれれば」と岩本さん。「手軽なプチワイン講座も開いていくのでワイン選びが苦手な方も気軽に参加してほしい」と呼び掛ける。

 営業時間は12時~20時。営業日は水曜~土曜。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月10日(土)13時20分

みんなの経済新聞ネットワーク