ここから本文です

(けいざい+)日本株曲がり角:下 公的マネー、ゆがむ市場

朝日新聞デジタル 9月10日(土)16時0分配信 (有料記事)

 「数字には謙虚に立ち向かわなければいけない」「運用のプロとして数字は謙虚に受けとめたい」
 公的年金の運用を担う年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の理事長、高橋則広は7月29日の記者会見で「謙虚」という言葉を繰り返した。この日発表した昨年度の運用損は5兆3098億円。今年4~6月も5兆円を超えた。
 GPIFは、運用資産約129兆円(6月末)の世界最大級の機関投資家だ。国内株の保有額は推計28兆円。市場で「クジラ」と呼ばれる。2014年の運用方針見直しで、国内株の割合を12%から25%に引き上げた。……本文:2,994文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:9月10日(土)17時0分

朝日新聞デジタル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]