ここから本文です

(イクメンと呼ばないで 男性記者子育て記)子連れ旅行の神経戦

朝日新聞デジタル 9月10日(土)16時0分配信 (有料記事)

 ベビーフードに粉ミルク、おむつ、着替え……。4泊5日って大事(おおごと)だ。11カ月の息子を抱っこし、四つのバッグを持つと、「何、その荷物」と妻が笑う。暑い。レンタカーにすべきだったか。
 8月、旅行と帰省のため家を出た。子連れでの泊まりがけの遠出は3回目。いつも神経が張り詰める。
 公共交通機関が最も気を遣う。乗り込んだ特急は下車まで2時間。通路の反対側の中年夫婦は私たちを見るやいなや厳しい視線を送ってきた。息子にお昼を食べさせていると、ちらちら見る女性が視界に入る。息子は静かに食べ、じきに眠ったが、女性は通路側から窓側に席を移動。……本文:2,382文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:9月10日(土)16時0分

朝日新聞デジタル

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。