ここから本文です

秩父宮妃勢津子さま ご成婚90年 平成30年若松で記念式典

福島民報 9/10(土) 9:52配信

 秩父宮妃勢津子さまのご成婚90年となる平成30年に福島県会津若松市で記念式典が開催される。勢津子殿下顕彰委員会の宮森泰弘委員長が9日に行われた重陽祭で明らかにした。 
 勢津子さまは幕末の会津藩主松平容保公の孫。昭和3年に昭和天皇の弟の秩父宮雍仁(やすひと)親王に嫁ぎ、「朝敵」とされた会津藩の汚名を返上し、名誉を回復させた。 
 平成30年は戊辰戦争の会津戦争から150年にも当たる。顕彰委員会は関係機関と連携し、勢津子さまの遺徳をしのぶ。 
 宮森委員長は「朝敵との苦しみから解放され、新たな会津のスタートを切った当時を振り返り、節目の年を祝いたい」とあいさつし、顕彰碑に献花した。 
 重陽祭は勢津子さまが生まれた「重陽の節句」に合わせて、会津若松市の御薬園にある顕彰碑前で行われた。

福島民報社

最終更新:9/10(土) 10:00

福島民報