ここから本文です

「伊勢神宮のガイドブック」電子書籍に、ダウンロードして参拝へ /三重

みんなの経済新聞ネットワーク 9月10日(土)16時4分配信

 伊勢神宮の祭典などを撮影し続けている写真家のKankan(カンカン)さんが8月、電子書籍「伊勢神宮 安心お参りブック」の配信を開始した。(伊勢志摩経済新聞)

【その他の画像】Kankanさん撮影、午年午月午日午刻に伊勢神宮外宮で月次祭-神宮の杜の上空で太陽に輪

 同書は現在、「内宮(ないくう)編」(150ページ)、「外宮(げくう)編」(148ページ)、「別宮と125社巡礼編」(253ページ)の3種類を、AmazonのKindle版とiTunesのiBooks版で配信する。「お食事&お土産 情報ブック」(145ページ)の配信も近日中に追加する予定だという。

 内容は、「神様のこと」「参拝の作法や心構え」「おすすめ参拝コース」など、Kankanさんが撮影してきた祭典や社殿の写真などを織り交ぜながら伊勢神宮についてわかりやすく解説する。「歩く伊勢神宮」と言われるほど伊勢神宮について造詣が深い神宮司庁広報室課長補佐の音羽悟さんによる豆知識「オトワノマメ」や神宮についての素朴な質問に答える「オトワ問答」のコーナーも用意した。

 Kankanさんは「参拝初心者からベテランまで、幅広く楽しんでいただける内容となっている。ダウンロードすれば、ガイドブックを持たなくてもいつでもどこでもお手持ちの電子機器で見ることができる」と話す。

 価格は、「内宮編」「外宮編」=各250円、「別宮と125社巡礼編」=300円。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月12日(月)17時20分

みんなの経済新聞ネットワーク