ここから本文です

早くもマンチェスターダービー、グアルディオラ監督「ワインの招待を受けたら応じたい」

ISM 9月10日(土)17時18分配信

 イングランド・プレミアリーグは現地時間10日に、マンチェスターUとマンチェスターCのダービーマッチが予定されている。マンUのジョゼ・モウリーニョ、マンCのペップ・グアルディオラ両監督のライバル対決ということもあり、例年より注目が集まる一戦だが、両指揮官は冷静なコメントを残した。

 モウリーニョ監督とグアルディオラ監督の対決は、国内リーグとチャンピオンズリーグを含め、これが17度目。モウリーニョ監督はインテル(イタリア)とレアル・マドリー(スペイン)を率いて計3度勝利し、グアルディオラ監督はバルセロナ(スペイン)とバイエルン(ドイツ)を指揮して7度勝利を手にしている。

 スペイン時代に火花を散らした両者がプレミアに場を移して戦うとあって、試合内容はもちろんのこと場外戦も含め、最高の“エンターテイメント”が見られると周囲の期待は大きい。

 マンチェスターダービーを前に、グアルディオラ監督は「前回、マドリーとバルサで対戦したときは簡単ではなかった」と語りつつ「だが、2、3週間前に我々はプレミアリーグの監督会合で会っており、(エヴァートンの)ロナルト・クーマンや、(ウェストブロムの)トニー・ピュリスと色々な話をした。だから問題はないよ」とコメント。特に敵対心は示さなかった。

 なお、かつてマンUを率いたアレックス・ファーガソン氏は、当時チェルシーを率いていたモウリーニョ監督と試合後はワインを楽しんでいた。これについて訊ねられたグアルディオラ監督は「彼が招待してくれるなら応じたい」とコメント。「オールド・トラフォード」の“伝統”に倣う気持ちがあるようだ。

 一方、モウリーニョ監督はマンCについて「非常に素晴らしいチームだ。これまで素晴らしい監督が指揮し、今も大変優れた監督を有している。選手の顔ぶれも常に素晴らしい」とコメント。「私が2013年にイングランドに戻ったときから変わらず素晴らしいチームだ。優勝争いのライバルであり、敬意を持って戦わなくてはならない」と称賛した。

 マンCは得点源のFWセルヒオ・アグエロを欠いてダービーに臨むが、モウリーニョ監督はかえってそれが試合を難しくすると話す。同監督は「(グアルディオラ監督は)多くの戦術を持ち合わせており、様々な決断ができる。選択肢も豊富だからその方が我々にとっては難しい。矛盾しているようだが、アグエロがいないせいでより困難になる」とコメント。アグエロがいれば戦い方の見当もつくが、不在であるがゆえ、どのような試合になるか分からないと警戒した。(STATS-AP)

最終更新:9月10日(土)19時21分

ISM

スポーツナビ サッカー情報