ここから本文です

ONE OK ROCK新曲は小栗旬主演、大友啓史監督「ミュージアム」主題歌

音楽ナタリー 9月10日(土)12時0分配信

11月12日に全国公開される小栗旬主演の映画「ミュージアム」の主題歌が、ONE OK ROCKの新曲「Taking Off」に決定した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「ミュージアム」は巴亮介の同名マンガが原作のサイコスリラー作。雨の日にマスクを被って犯行に及ぶ連続猟奇殺人犯“カエル男”を追う刑事・沢村久志が、捜査を進めるうちに絶望的な状況に追い込まれる様子を描く。沢村を小栗が演じるほか、尾野真千子、野村周平、丸山智己、田畑智子、市川実日子、伊武雅刀、大森南朋、松重豊らが出演する。監督は「るろうに剣心」を手がけた大友啓史が務めている。

ONE OK ROCKは映画「るろうに剣心」3部作すべての主題歌を手がけており、同シリーズに引き続いて大友監督とタッグを組む。大友監督は彼らに主題歌をオファーした理由について「あらゆる臨界点を超えようとしているこの映画の主題歌を託せるのは、彼らしかいないのだ」とコメントしている。この曲は9月16日に配信リリースされる。

なお、ONE OK ROCKはこれまでワーナー・ブラザーズ・レコードを通じて世界各国でリリースを行ってきたが、今後は同じワーナーグループ内のレーベル・FUELED BY RAMENに移籍し、新曲を全世界同時配信することも発表された。

(c)巴亮介 / 講談社 (c)2016映画「ミュージアム」製作委員会

最終更新:9月10日(土)12時0分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。