ここから本文です

テニス=世界1位浮上のケルバー、全米OP決勝進出と二重の喜び

ロイター 9月10日(土)9時32分配信

[ニューヨーク 9日 ロイター] - 女子テニスの世界ランク2位、アンゲリク・ケルバー(28、ドイツ)は8日、四大大会最終戦、全米オープンのシングルス準決勝で勝利。決勝進出を果たすと同時に、世界ランク1位浮上を確定させた。

ケルバーは準決勝で元世界ランク1位のキャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)に6─4、6─3でストレート勝ち。第1シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)が第10シードのカロリナ・プリスコバ(チェコ)に負けたため、最新の世界ランキングでセリーナを抜いてトップに立つことが決まった。

ケルバーは「ここ(全米オープン)で初めて決勝に進めたことには大きな意味があるし、世界ランク1位という響きも最高」とコメント。「世界1位になることが昔からの夢だった」と述べた。女子のドイツ人選手が世界ランク1位になるのは、シュテフィ・グラフに次いで2人目。

先月、米シンシナティで行われた大会の決勝でプリスコバに敗れたケルバーは「リベンジを果たしたい」と意欲満々。これまでの対戦成績では4勝3敗とリードしている。

最終更新:9月10日(土)9時32分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]