ここから本文です

小田原を拠点に活動する画家が個展 アトリエとして利用の「旧三福」で /神奈川

みんなの経済新聞ネットワーク 9月10日(土)22時0分配信

 小田原のオルタナティブスペース「旧三福」(小田原市栄町)で9月10日より、鈴木佐和子個展「と、それ以外」が始まった。(小田原箱根経済新聞)

鈴木佐和子個展「と、それ以外」展示の様子

 結婚をきっかけにして創作活動の拠点を小田原に置き、「旧三福」のコワーキングスペースを利用して創作活動を続けている鈴木さん。水彩画とアクリル画で、女性像を中心にした作品を描いている。明るい画調で、静かな表情を持つ女性の心を前向きに表現。個展開催を積み重ねる中でファンも増え始めている。

 初日10日にも多くの来場者が作品を楽しんでいた。鈴木さんは「普段アトリエとして利用している旧三福で個展を開催。『と、それ以外』をテーマとした新作を中心に過去の未発表作品まで一挙に公開。お気軽にお立ち寄りいただければ」と呼び掛ける。

 展示時間は11時~18時。開催期間は9月15日を除く18日まで。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月10日(土)22時0分

みんなの経済新聞ネットワーク