ここから本文です

バイエルン、シャルケに苦戦するもエースのゴールなどで勝利し開幕2連勝/ブンデスリーガ第2節

GOAL 9月10日(土)5時29分配信

9日、ブンデスリーガ第2節が行われ、シャルケとバイエルン・ミュンヘンが対戦。アウェーのバイエルンが2-0と勝利した。

互いに多くの新戦力が先発。シャルケはベンタレブ、スタンブリ、コノプリャンカなどがスタメンに名を連ね、バイエルンは注目のレナト・サンチェスがついに先発でドイツデビューを果たした。

序盤からバイエルンが支配するものの、最後の部分でパスの精度を欠き、決定的なチャンスは生まれない。逆にシャルケがサイドの仕掛けから反撃すると、いくつかチャンスを作り出す。コノプリャンカの単独突破でゴールに近づくが、得点は生まれず。前半はスコアレスで終了する。

後半に入っても、依然として堅い戦いが続き、均衡は崩れない。両チームともに交代策から流れを引き寄せようと次々に選手を投入するものの、スコアは動かない。

バイエルンはドグラス・コスタを投入し、左サイドからの攻撃に活路を見出す。しかし、決定機をレヴァンドフスキが外してしまい、先制点のチャンスを逃してしまう。それでも再び訪れたチャンスをこの男は逃さない。

81分、ハビ・マルティネスのスルーパスに抜けだしたレヴァンドフスキがキーパーとの1対1を落ち着いて制し、ついにバイエルンが先制に成功する。さらにアディショナルタイムにカウンターからキミッヒが追加点。試合はバイエルンがこのまま逃げ切り、2-0で勝利した。バイエルンは開幕2連勝となり、シャルケは2連敗となった。

GOAL

最終更新:9月10日(土)5時29分

GOAL

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。