ここから本文です

林遣都、男性とのキスまんざらでもなさそう…川口春奈の指摘にタジタジ

シネマトゥデイ 9/10(土) 18:44配信

 俳優の林遣都が10日、都内で行われた映画『にがくてあまい』初日舞台あいさつに川口春奈と共に出席、ゲイの青年役で男性とのキスシーンに挑戦した林は、川口から「まんざらじゃない感じ」があったことを暴露され、タジタジだった。この日は、淵上泰史、桜田ひより、中野英雄、石野真子、草野翔吾監督も来場した。

【写真】林遣都、川口春奈の暴露にドキリ?

 本作は、ひょんなことから同居することになった男に恵まれない野菜嫌いの独身女・マキ(川口)と、色気あふれるゲイの菜食主義者・渚(林)の日常を、「愛と食」をテーマに描き出したラブコメディー。

 渚の初恋の相手・アラタを演じた淵上は、初共演となった林について「緊張しました。林さんクラスになると、僕みたいなアングラ(俳優)は思いっきりいかないと潰されるので」と打ち明けつつ、「良い味でした」と意味深なコメント。実は、劇中で林とのキスシーンがあり、林も「台本からは想像できないような濃厚な接吻……」と印象に残ったことをうかがわせ、観客の笑いを誘った。

 そんな二人をそばで見ていた川口は「林さんはまんざらじゃない感じが、見ていて伝わりました」と暴露。そして、「男らしい部分と中性的な部分が良い具合のバランスでした。とても良かったと思います」と冷静に分析した総評で林をたじろがせていた。

 川口と林も初共演。玉虫色のゴージャスなドレスをまとって登壇した川口に林は、「今日はクレオパトラみたいで話しづらいところもありますけど……」と苦笑しつつ、川口をはじめとしたユニークな役者陣と良い雰囲気で撮影ができたと報告。「(クレオパトラは)褒め言葉なのかなぁ?」と釈然としない様子の川口だったが、「穏やかな現場でした。和気あいあいと、怖い人が一人もいない現場で、すごい楽しかったです」と笑みをこぼした。

 草野監督が「これ以外考えられないキャスト」で作り、原作とは違う面白さを持ったと自信を見せる本作は、シンガポール日本映画祭、ハワイ国際映画祭への正式招待が決定したほか、香港では10月から、韓国、台湾では年内に現地公開を予定している。草野監督は「映画ってこうやって広がっていくんだと感激しております」と笑みを浮かべ、川口は「嬉しいし、有り難いです。とにかくたくさんの方たちに観てもらいたいです」と期待を寄せた。(取材/錦怜那)

映画『にがくてあまい』はTOHOシネマズ新宿ほか全国公開中

最終更新:9/10(土) 18:44

シネマトゥデイ