ここから本文です

<松岡茉優>話題のアニメ「聲の形」で男の子役の声優挑戦 “師”山寺宏一への思いも

まんたんウェブ 9月11日(日)11時0分配信

 劇場版アニメ「聲の形(こえのかたち)」(9月17日公開、山田尚子監督)で、主人公・石田将也の小学生時代の声優を務める女優の松岡茉優さん。聴覚障害のあるヒロインへのいじめの描写が生々しいことなども話題になったマンガが原作の話題作で、若手実力派とも呼ばれる松岡さんが出演することも注目されている。松岡さんと同作を手がける京都アニメーションの山田監督に作品への思いを聞いた。

【写真特集】感涙、絶賛…「聲の形」の先行カット 可愛い松岡茉優の写真も

 ◇山田監督が松岡さんを指名 「ダメ元だった」

 「聲の形」は、聴覚障害を持つ少女・西宮硝子と、彼女へのいじめに加担していた過去を持つ少年・石田将也の孤独や絶望、愛などを描いた大今良時さんのマンガが原作。「別冊少年マガジン」(講談社)2011年2月号と「週刊少年マガジン」(同)13年12号に読み切りが掲載され、読者の反響や監修の全日本ろうあ連盟の後押しもあり、「週刊少年マガジン」で13年8月~14年11月に連載された。アニメは「けいおん!」などの京都アニメーションが製作する。

 松岡さんは、原作のファンだったといい「マンガが大好きで、その中でも『聲の形』は、1ページ1ページをめくるのが重たいマンガ。自分の今までの後悔などと向き合いながら読んで、成長させていただけた」と思いを語る。

 女優がアニメに声優として出演することは珍しくない。ただ、「聲の形」に出演するのは、高校生の将也役の入野自由さんや西宮硝子役の早見沙織さんをはじめ、声優を中心に活躍するキャストばかりだ。松岡さんを抜てきしたのは山田監督だといい、「松岡さんが出演していたドラマ『問題のあるレストラン』が好きで、毎週見ていて、第1話から(松岡さんが)気になっていたんです。『聲の形』では、真っ先に松岡さんにお願いできないかと思った。ダメ元だったので、出演していただけてラッキーでした」と起用の経緯を説明する。

 松岡さんはオファーを聞いて「最初は『できないのでは……』と思いました。男の子役は難しいし『聲の形』を京アニさんが製作するというこで、期待している人も多いだろうし……」と不安だらけだったのですが、『監督が(松岡さんにお願いしたいと)言ってくれている』と聞いて、そんな光栄なことはない。すごくうれしくて『挑戦したいです!』となりました。幸せな限りです」と快諾に転じた。

1/3ページ

最終更新:9月11日(日)11時0分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。