ここから本文です

広瀬すず&山崎賢人の心を癒すリフレッシュ方法とは?

Movie Walker 9/10(土) 10:00配信

本日公開を迎えた『四月は君の嘘』(公開中)で初共演をはたした広瀬すずと山崎賢人。今回、期待の若手俳優として大活躍する2人へのインタビューが実現!

【写真を見る】「ヴァイオリンの練習は地道で、覚えることが多くて難しかった」と語る広瀬すず

インタビュー始めから仲良しトークを繰り広げる広瀬と山崎。話はいつの間にか映画から脱線し、リフレッシュ方法の話に…!?普段なかなか見ることのできない、2人の素が見えるワイワイ楽しいトークをお届けしたい。

――ヴァイオリニストのかをり役を演じた広瀬さんと、元天才ピアニストの公生役を演じた山崎さん。初挑戦となる演奏シーンで苦労したことは?

広瀬「これまでサッカーとか、競技かるたとか、映画の撮影でさまざまなことに挑戦してきたんですけど、その中でもヴァイオリンは一番地道で、一番覚えることが多くて難しかったです」

山崎「僕もすずと同じで、イチからピアノの練習を始めたので、コツを掴むのにかなり苦労しました。でも練習中に『今すずちゃん、すごく頑張ってるみたいだよ』という情報を耳にして、自分も頑張ろうって励まされることがけっこうあって」

広瀬「私は『賢人くん、地方ロケ中で練習休んでるみたいだよ』っていう情報を聞いて、『この間に差をつけてやる…!』って頑張ったりしてました(笑)」

山崎「お互いの存在が刺激になっていた気がします」

――それぞれお互いの演奏シーンを見た感想は?

広瀬「賢人くんは、ピアノを演奏する時の姿勢が本物のピアニストみたいでスゴいなと思いましたけど、内心すごく悔しかったんです」

山崎「ほんと負けず嫌いだな(笑)。すずの演奏シーンも完成度が高くて、それで僕もさらに練習に打ち込むようになったかな」

広瀬「練習は大変だったけど、2人で演奏するシーンは楽しかったよね?」

山崎「うん。本当にセッションしているような感覚ですごく興奮した」

広瀬「お芝居とはまた違う掛け合いが気持ち良かった!」

――共に成長していく広瀬さんと山崎さんの姿は、2人が演じたかをりと公生の関係と似ているような気がします。それぞれ演じてみて、気づいたことはありますか?

広瀬「かをりは“やらずに後悔することがあるなら、とにかくやってみる”ってタイプの子なんです。そういう負けん気の強いところは、けっこう自分と似ているかなと」

山崎「僕も公生と何かが似ている気がします」

広瀬「みんなその“何か”を教えてほしいんだと思うよ(笑)」

山崎「だよね(笑)。大事な一歩を踏み出せないところとか、公生と似ているなと感じました」

広瀬「最近気づいたんですけど、出演させていただく映画やドラマで、私はかをりみたいに明るい女の子を演じることが多いなって」

山崎「すずは明るい少女役にぴったりだからじゃない?」

――映画やドラマへの出演が絶えないお2人ですが、忙しさを乗り切るリフレッシュ方法は?

広瀬「私は動画を見ることですね」

山崎「どういう動画を見てるの?」

広瀬「芦田愛菜ちゃんと具志堅用高さんの動画。面白くて癒されるんだよね(笑)」

山崎「チョイスが独特だな(笑)」

広瀬「あと最近、友だちと京都に行ってきたんですけど、気分が一気に解放されて良いリフレッシュになりました」

山崎「僕も、ちょっと前に友だちと初島に行ったんですけど、解放感がハンパなくて最高でしたね。旅もそうですけど、普段やらないことをやるのが一番の息抜きかな」

広瀬「解放感、大事だよね!次はあまり人のいない島に行きたいな」

山崎「人と会いたくないの!?なんか心の闇が深そうだな(笑)」

――もし2人で島に行ったら何をしたい?

広瀬「ドッジボール!」

山崎「えっ、2人で!?でも楽しそう(笑)」

広瀬「相手が賢人くんならめっちゃ当てられると思う(笑)」

山崎「すずって球技上手そうだよね」

広瀬「島が南国ならスイカ割りもしたい」

山崎「よしスイカ割って、食わないで帰ろう」

広瀬「なにそれ…(苦笑)」

山崎「キャンプもしたいな」

広瀬「いいね!」

山崎「キャンピングカーに乗って、旅するのが憧れなんだよね」

広瀬「でもキャンピングカーは落ち着いて寝れなそうだから、私はヤダ(笑)」

【取材・文/トライワークス】

最終更新:9/10(土) 10:00

Movie Walker

なぜ今? 首相主導の働き方改革