ここから本文です

森福“1泣”吉田正に痛恨被弾…ソフトバンク 最下位オリに1勝3敗で首位陥落

デイリースポーツ 9月10日(土)9時0分配信

 「オリックス4-3ソフトバンク」(9日、京セラドーム大阪)

 痛恨被弾のサウスポーは、降板後のベンチで肩を震わせた。3-3で迎えた八回。2番手で登板したソフトバンク・森福允彦投手が、先頭の吉田正に甘く入った変化球を右翼席へ運ばれた。この勝ち越し弾が響いて2連敗を喫したホークスは、日本ハムに首位の座を明け渡し、8月25日以来の2位に転落した。

 先発の東浜は七回を投げ終えた時点で93球だった。長打力のある左の吉田正、T-岡田を迎える場面で、工藤監督は森福の投入を決断。これが結果的に裏目に出た。

 「(左の)2人を何とかしてもらいたかった」と振り返った後で「次は何が何でも低めに投げるという気持ちを持ってくれれば」と切り替えを求めた。

 この日、CS進出は決まったが、最下位オリックスとの4連戦を1勝3敗で負け越した。

最終更新:9月10日(土)9時3分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。