ここから本文です

アイドルが国会議員の「アイドル事変」、1月からアニメ化 主題歌のサウンドプロデュースはつんく♂

ねとらぼ 9月10日(土)17時11分配信

 「アイドル×国会議員」というキャッチコピーでマルチメディア展開する「アイドル事変」が2017年1月にテレビアニメ化すると発表され、プローモーションビデオが公開されました。放送局はTOKYO MX・BSフジほか。アニメーション制作はMAPPA・VOLN、そして主題歌のサウンドプロデュースにつんく♂さんが起用されています。
 同日に新宿で開催されたプロジェクト発表会では、「総理! 私たちニッポンを笑顔にしたいんです!!」というキャッチコピーとキャラクター2人(星菜夏月、鬼丸靜)のアニメ版イラストが大きく掲げられ、会場付近ではアニメ化決定の号外も配布されました。

【画像】2014年にスマホアプリとして公開された際の「アイドル事変」

●アニメ「アイドル事変」 スタッフ
アニメーション制作:MAPPA・VOLN
監督:吉田大輔
キャラクターデザイン・総作画監督:石井舞
シリーズ構成:高山直也
脚本:川嶋澄乃、林壮太郎
キャラクター原案:CUTEG、Tiv、もっつん*、みことあけみ、空中幼彩、蜜桃まむ
アニメーションキャラクター原案:Tiv
主題歌サウンドプロデュース:つんく♂

 今回判明した情報は以上ですが、「アイドル事変」は2014年6月にスマートフォン向けアプリとして発表されていました。当時は「アイドルと革命を起こすRPG」「総理大臣の座を目指す」という設定で、メインイラストの雰囲気も現在のものとは異なるものでした。現在の公式サイトでも“GAME”という項目が残っていることから、もしかするともしかするかもしれない……?

最終更新:9月10日(土)17時11分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。