ここから本文です

東京五輪の野球・ソフトで森会長「会場選定 福島県が整理を」 浜通り3市町長の要望に

福島民報 9/10(土) 10:05配信

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は9日、東京五輪の追加種目に決まった野球・ソフトボールの県内開催地について、福島県側で整理するよう求める考えを示した。いわき市と双葉地方町村会の要望に対して答えた。 
 要望は東京都内で非公開で行われ、森氏との面会後に清水敏男いわき市長が記者団に明かした。森氏は「(開催場所について)知事と話をしている。福島県である程度整理してほしい」と述べたという。大会組織委は野球・ソフトボールの日本戦1試合ずつを県内で実施する方向で調整に入っている。県内では福島、郡山、いわきの3市が誘致を目指している。 
 要望活動には清水市長、町村会の馬場有会長(浪江町長)、松本幸英副会長(楢葉町長)が参加し、野球のいわき市開催、6号国道での聖火リレーを求めた。 

福島民報社

最終更新:9/10(土) 10:15

福島民報