ここから本文です

錦織、第2セット落としタイに 全米オープン準決勝

デイリースポーツ 9/10(土) 9:06配信

 「テニス・全米オープン」(9日、ニューヨーク)

 男子シングルス準決勝で、世界ランク7位の錦織圭(日清食品)が、同3位のスタン・バブリンカ(スイス)と対戦。第1セットを6-4で先取した錦織は、第2セットは5-7で落とした。

【写真】熱戦! ボールに飛びつく錦織

 第2セットは、第1ゲームでブレークに成功。流れは錦織かと思われたが、徐々にミスが出始め、第4ゲームでブレークバックされる。第7ゲームは4度、第9ゲームも2度のブレークポイントがあったが、ものにできなかった。逆に第12ゲームで、30-40とセットポイントを握られる。最後は錦織のショットがネットにかかり、このセットを奪われた。

 バブリンカとは6度目の対戦で、過去2勝3敗と負け越している。しかし直近の対戦である7月のロジャーズ杯(カナダ)準決勝では2-0でストレート勝ちしている。 錦織は2014年の全米オープンで決勝進出。4大大会シングルスでは、男女を通じて日本選手初の決勝進出となった。今大会は2年ぶりの決勝進出、そして日本選手初の4大大会制覇を目指す。

最終更新:9/10(土) 9:58

デイリースポーツ