ここから本文です

渡辺さん(富士)準GP 全国庭照明技術コンテスト

@S[アットエス] by 静岡新聞 9月10日(土)8時40分配信

 富士市の工務店「渡辺建築」のエクステリア部門「IRODORI」を担当する渡辺元也さん(29)が、民家の庭を彩る照明の専門家による「光の施工例コンテスト」で準グランプリ大賞に輝いた。

 コンテストは、エクステリア会社タカショー(和歌山県)が庭照明の専門家として認定した「ライティングマイスター認定店」を対象に毎年開催している。7回目のことしは全国から200点以上の応募があった。1次審査を通過した135点を集めて都内で展示会を開き、一般来場者からの投票で入賞作品を決めた。

 渡辺さんは「帰ってきたときにほっとする数秒間」をテーマに富士宮市の民家の駐車スペースや玄関周辺をリフォーム。LED(発光ダイオード)ライトを5カ所に配置し、モミジなどの植物を植えたり、アルミの門を設置したりして玄関に続く空間を華やかにデザインした作品で準グランプリを勝ち取った。初出場での快挙に「お客さんに喜んでもらうために考えて、形にした。多くの人に選んでもらえて自信がついた」と喜びを語った。

静岡新聞社

最終更新:9月10日(土)8時40分

@S[アットエス] by 静岡新聞