ここから本文です

小原佳太 モスクワで2回TKO負け 会場騒然リング下に転落

デイリースポーツ 9月10日(土)9時8分配信

 「ボクシング・IBF世界スーパーライト級タイトルマッチ」(9日、モスクワ)

 IBF世界スーパーライト級タイトルマッチが9日(日本時間10日早朝)、ロシア・モスクワのクリリヤ・ソヴェトフで行われ、同級3位の挑戦者・小原佳太(29)=三迫=は、2回1分35秒TKOで王者のエドゥアルド・トロヤノフスキー(36)=ロシア=に敗れ、王座獲得に失敗した。

【写真】トロヤノフスキーのパンチにリング外へ転落

 世界初挑戦の小原は終盤に右ストレートを打ち下ろしで決めるなど初回は悪くなかった。しかし2回に王者が圧力を強めると劣勢になり、30秒過ぎに右クロスをもらって動きが止まる。そのままロープに詰められ、左フックから右アッパーを浴びると、セカンドロープとサードロープの間からリング下に転落するダウンを喫し、会場が騒然とする。

 勝利を確信した王者がリング上でバック宙を披露する中、リングアウトした小原がリングに戻って試合は再開。「小原、クリンチ」とのセコンドからの声が飛ぶが、ダメージは深刻で一気にロープに詰められ、ラッシュされたところでレフェリーが試合を止めた。

 名門・三迫ジムから輪島功一氏(元WBA世界スーパーウエルター級王者)、三原正氏(元WBA世界ミドル級王者)、友利正氏(元WBC世界ライトフライ級王者)に続く、34年ぶり4人目の世界王者誕生はならなかった。

 小原の戦績は19戦16勝(15KO)2敗1分け。2度目の防衛に成功したトロヤノフスキーは25戦全勝(22KO)。

最終更新:9月10日(土)18時28分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。