ここから本文です

「四月は君の嘘」広瀬すずがプレッシャー明かす「死んじゃいそうでした」

映画ナタリー 9/10(土) 14:25配信

本日9月10日、「四月は君の嘘」の初日舞台挨拶が東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて開催され、キャストの広瀬すず、山崎賢人、石井杏奈、中川大志、檀れい、監督の新城毅彦が登壇した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

新川直司の同名マンガを原作とした「四月は君の嘘」は、自由奔放なバイオリニスト・宮園かをりと、彼女に惹かれていく元天才ピアニスト・有馬公生を軸にした青春物語。かをり役を広瀬が、公生役を山崎が務めた。

このイベントでは、映画の公式Twitterのキャンペーンによって集められたファンのコメントや、キャストらの写真で作られたメッセージボードが用意された。広瀬は、人気キャラクターのかをりを演じたプレッシャーについて「死んじゃいそうでした。原作ファンの方の中には宮園かをりという女の子が生きていたので、そこに私が命を吹き込むのは、今までにない挑戦でした」と明かす。しかし「かをり役がすずちゃんでよかった」というファンからのコメントに、「ちょっと、あんまりしゃべりたくない……。ワーッてなっちゃいそう。ありがたいです」と感激の様子だった。

また劇中の掛け合いを生披露することになった山崎と中川は、ステージ上で入念に打ち合わせを始めて観客を笑わせる。普段から仲がいいという2人は、司会からお互いのどこが好きなのかを聞かれると「全部好き」「僕も全部ですね」と答えて会場を沸かせた。

「正直実写化をしてほしくなかったけど、試写会で映画を観て鳥肌が止まらなかったです」というファンのメッセージが読み上げられると、新城は「賛否両論あると思うので作る前は怖かったですし、今も怖いです。でもスタッフもキャストも原作をリスペクトしているので、そう言っていただけるとうれしいです」と述べた。

ここで登壇者たちがそれぞれの思いを書き込み、メッセージボードを完成させることに。広瀬は「たくさんの愛が届きますように」、中川は「今を全力で駆け抜けよう」、石井は「絆の深さが伝わりますように」とコメントを刻む。そして「観てくれた方々の日常がカラフルになりますように」と書いた山崎は、それを読み上げようとするも「観てくれた方々がた……」と噛んでしまい、笑いを起こした。

最後に山崎は「今日は本当にありがとうございました。1回しかない人生を全力で駆け抜けるという思いで、温かい気持ちになって劇場を出ていっていただけたらうれしいです」と挨拶。そして広瀬が「この映画にはいろんな愛情がたっぷりある。親子だったり友達だったり、人を思えば思うほど苦しくなる、心が繊細になるということが描かれています。苦しくなるけど、強く美しく粘り強く前に進んでいくという部分が広がっていったらうれしいです」とイベントを締めくくった。

※山崎賢人の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記



(c)2016フジテレビジョン 講談社 東宝 (c)新川直司/講談社

最終更新:9/10(土) 14:25

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]